英会話が上達するおすすめの英会話教材ランキング
BAOBAB
BAOBAB
日本語(母国語)の基礎が出来上がっている大人が新たに言語を取得できるよう、脳機能を効果的に利用する教材。
詳細はこちら
スピークナチュラル
スピークナチュラル
勉強というよりはトレーニングに近いカリキュラム。日本人が学びやすいようにチューニングされた英語教材。
詳細はこちら
リッスントーク
リッスントーク
リスニングとスピーキングを分けて学習が可能。安心のサポート体制で、国内に居ても留学並の学習効果が期待できます。
詳細はこちら

英会話が最速で上達する方法とは?

サイト管理人よりご挨拶

初めまして。当サイトにお立ち寄りくださいましてありがとうございます。このサイトは、英会話を上達させたいと考えている初心者のかたのために、少しでも役に立つ情報を届けたい、という思いから開設しました。日本生まれ日本育ちのわたしが、独学で英会話ができるようになるまでに試行錯誤して見つけた方法をご紹介します。

英会話上達のための勉強、本当に意味がある?

みなさん、英会話を上達させるためにどんな勉強をしていますか?

  • 英会話スクールに通う
  • TOEICを勉強する
  • 英会話教材で勉強する
  • ひたすら英単語を覚える
  • 英語を聞き流す
  • 洋楽や洋画を観る
  • 留学に行く

多くの人はこのような方法で勉強しているのではないでしょうか。

でも、残念ですがそれ「だけ」では英会話はできるようになりません。お金をかけたからってできるようになるとは限りません。

よく見かけるのが、教材を聞きながすだけで英会話ができるようになります。とか、通うだけで英会話ができるようになります。という謳い文句です。これは嘘とはいいませんが、少し大げさ。コレを真に受けて受け身の状態で英会話をマスターはできません。

留学についても同様です。留学にいけば英語ができるようになるはず…。そんなことはありません。実際にわたしが短期留学に行ったときの印象ですが、特に英会話初心者の日本人は、日本人留学生同士でつるみます。全然英会話が出来ない状態で、いきなり外国へ行っても、それは語学留学ではなく単なる旅行になってしまう可能性が高いです。
見ず知らずの土地・人にノーガード(英語力)で立ち向かえる人はいいですが、多くの場合はその孤独感から、日本人同士で遊んでしまうのです。

でも考えてみてください。そんなに簡単に英会話が身につくなら、そんなスキル果たして価値があるのでしょうか?多くの人が、簡単には身につけられないスキルをマスターするからこそ価値があるとわたしは思っています。

英会話上達のための心構えと基礎

英会話上達のためには、必要な考え方(メンタル)英語の基礎(スキル)の2つが必要です。

英会話が上達するメンタリティ

英会話を学習する上では、まずは完璧主義を捨てて、英語よりもコミュニケーションを意識してください。

Where did you go to school?(どこの学校に行ってたの?)

に対してあなたならなんと答えますか?

  1. I graduated from ABC college.
  2. I graduated ABC college.
  3. ABC college.
  4. I’ve finished ABC college.

(ABC大学を卒業しました。)


実際は、(1)~(4)のどれでも通じます。
文法的に正しいのは(1)か(4)ですが、一瞬でも迷うくらいなら一番簡単な(3)で大学名のみを答えたほうがいいでしょう。
会話というコミュニケーションのなかでは、文法の正しさなんかよりも、瞬発的にテンポよく話をすることのほうが重要です。ワンテンポ遅れて(1)で返事するよりもよっぽど話がはずみます。

話し相手だって、答えを待っているワンテンポの間に構えますよね。熟考しているなぁ~と。英会話の先生なら慣れているでしょうが、普通はそんな相手と根気強く話をするなんてストレスじゃないですか?自分だって疲れちゃいます。それならさっさと大学名だけ答えて How about you? なんて相手に話をふっちゃったほうが話が広がりますよね。

これが出来る人は、英会話の上達が早いでしょう。なによりこの方が楽しいから。
英会話ができない状態から脱出するには、まずは細かい文法なんか気にせずに、知ってる英語を使って、身振り手振りで伝えるということが先決なんです。

これならわたしにもできるよ、と思いましたか?
それならもう、あなたは日常英会話が出来る人です。
いや、まずは出来ると思いこんでください。英会話は、出来ないと思っているといつまでたってもできません。それに、出来ないと思っていると楽しくないし、そうでないと明るくハキハキとは話せませんよね。モチベーションだって上がりません。

ある程度会話が成り立てば、もっと正確に、ニュアンスを伝えたい!とか、あの時言いたかった表現はこう言えばよかったんだ~と後から分かったりすることが多くなります。その繰り返しで、英会話のスキルはどんどん上がっていくのです。

英会話上達のためのスキルと基礎英語

英会話のスキルを伸ばしたければ、まずは中学英語は理解しておきましょう。

  • This is a pen.
  • Where are you from.
  • Have you ever been to Mt Fuji?
  • Can you speak English?
  • I will be a doctor.

最低でもこれくらいは事前に知っておく必要があります。英会話に文法は関係ないとさっき散々言っていたじゃないか。という声が聞こえてきそうですが、やはり基礎は大切です。中学英語レベルの基礎がないのに英会話をいきなりやっても、赤ちゃんや小さな子ども以外は日本語の文法が頭に染み付いてしまっているので、難しいでしょう。そのまま英会話を実践しても、マスターするまでには、ものすご~く時間がかかるか、途中で挫折してしまいます。

なぜなら、英語は根本的に日本語とは文の成り立ちが違うからです。

Can you speak Spanish? は、

スペイン語を話せますか?

という意味の英文ですが、分解するとこのようになります。

Can  |  you  |  speak  |  Spanish ?

~ができる | あなたは | 話す | スペイン語 

日本語では文の一番はじめに【スペイン語】という単語がくるのに対して、英語の場合は文の最後に来ています。しかも、日本語では主語(あなた)が省略されていることもわかります。このようにそもそも文の構成が違うんだということを理解することで、他の文に応用が効くんですね。

大人用に中学英語を復習する教材は書店でたくさん売られていますので、まずは1冊やってみてください。

「ゼロから始める!大人のための中学英語」石崎 秀穂 (著)

中学英語レベルが理解できれば、あとは実際の会話・リスニング・スピーキング・単語や熟語の暗記にいくら時間をかけられたかで上達は決まると言ってもいいと思っています。
ただ、早くうまくやるコツはありますので、紹介していきますね。

まずはリスニングからはじめよう

当たり前ですが、聞き取れなければ話すことはできません。
なにを質問されているのかわからなければ、日本語だって答えられませんよね。
まずはリスニング力をつけていきましょう。

リスニングは、まず意味のある単語として聞き取れるレベルから始めましょう。
無料の英語リスニングアプリはたくさんありますし、英会話教材のリスニングでも良いです。自分が聞き取れるレベルはどれくらいなのか、試しながら進めます。

ある程度、意味がわかるレベルで聞き、自分が聞き取った単語が実際に一致しているかを確認するのです。話の全体像がわかるくらいのレベルでOKです。逆に一言一句がわかるようなら、早く次のレベルに進んだほうが良いです。もっとネイティブに近い速さで話している教材に変更していってください。

いきなり洋楽や洋画を見たり聞いたりしても、英語を話せるようにならないというのは、すべてネイティブ向けの速さで話されていたり、ネイティブでもなかなか使わないような使用頻度の低い言い回しや専門用語が使われていることが多いからなんです。
そもそもレベルが英会話初心者には合っていないんですね。

SFやサスペンス映画に出てくるような単語は日常会話では使用しないし、歌の歌詞もなにかに例えたり、あえておしゃれで複雑にしていることも多いため、日常会話には向かないよね、ということです。

がっかりしてしまったでしょうか。大丈夫です!やりようによっては音楽や映画もネイティブ向けの生きた英語を学べる、良い教材にもなりますので紹介していきます。

洋楽を使った英会話上達方法

リスニングを学ぶ教材は別でメインに進めて行く必要がありますが、ここでは、洋楽から英語を学ぶ方法を紹介します。

洋楽を使ってリスニングを鍛える場合、まずは選曲が大事です。

最初は、ある程度ゆっくりのテンポで聞き取りやすく難しい単語の少ないものからはじめるといいでしょう。例えば、

Top Of The World / カーペンターズ

All I Want for Christmas is You/マライヤキャリー

などですね。これらの楽曲は、学校の英語の授業でも取り入れられたりしています。

音楽で英語を学習する時は、このようなステップでやってみてください。

  1. 曲と曲の英語歌詞を入手する。英語歌詞はまだ見ないでください。
  2. 一緒に歌ってみる
    このとき、単語同士をくっつけて発音するところやアクセント、独特のリズムを意識してみてください。
  3. 曲を流して、歌詞を見ずに、聞き取れた単語や歌詞をそのまま書き取りする。
    途中で一時停止したりしながら、聞き取れなかったところは穴埋め問題のようにできるまでやって、曲の歌詞を完成させる
  4. 歌詞を自分で和訳してみる。その際わからない単語も一緒に調べて覚えます。
  5. 曲公式の和訳と自分の和訳を見比べてみる
    きっと意訳といって少し違う表現に変えられていたりするでしょう。
    ここでの意訳については特に気にしないでOKです。意訳は人を感動させたり、より繊細に作り手の思いを伝えるための、高度な表現です。まずは直訳して意味が通じることまでがゴールです。

この流れで、1曲を極めていってください。全然聞き流しではないですよね。でも、確実にリスニング力や発音、アクセントを学ぶ助けにはなるでしょう。
好きな曲で出たわからない単語は、その分印象的で頭に残るというのも良いポイントですね。

スピーキングを鍛えよう

リスニングがある程度できるようになったら、今度は自分で話してみましょう。スピーキングを鍛えるために一番いいのは、やはり対面でネイティブや英語のできる人と話してみることです。
英会話スクールや、オンラインで英会話ができるサービスもありますね。ただ、それが受け身になってしまってはもったいないです。せっかくの機会を無駄にしないように使ってください。無駄にしないために必要なのは、事前に自分でもスピーキングスキルを上げるために練習しておくことです。
英会話スクールなどは、練習したスピーキングの成果を試す場として使うと、より効率よくスキルアップをしていけますよ。

独学でもスピーキングのスキルアップを出来る方法を、紹介していきます。

正しい発音を身につける

英語の発音(イントネーションとアクセント)は、はじめにきちんと理解しておくことで、上達が早まります。

特に日本人の英語がなかなか伝わらないのには原因があります。それは、イントネーション(抑揚)やアクセント(強調)への意識が低いことです。日本語のような平坦な英語やいわゆるカタカナ語というような英語では、いくら話してもなかなか相手に聞き取ってもらえない場合があるのです。そのため「伝わる」英会話を身につけたいと思うなら、英語のイントネーションやアクセントも意識して覚え、それを繰り返ししゃべる練習をすることが大事です。
イントネーションやアクセントをうまくつけるにはコツがあります。

(1)単語を区切って話さず、つなげて滑らかに発音する
Did you  ☓ディッド ユー ○ディッジュ-
他にも、
going toは、gonna(ガナ)
want to は、wanna(ワナ)というふうに発音します。
(2)勝手に母音をつけない
例えば、cutはカットと発音しがちですが、ここでの’t’は’to’とは発音しません。
(3)文章はリズムを意識して話す
1.2.3.1.2.3.1.2.3.という3拍子の場合は、必ず1にアクセントが入ります。
This is a pen.   ※赤字を大きく発音します
1... 2... 3... 1

はじめは、音楽を聞くように、英語を聞いて、ネイティブの発音を真似してみてください。そうすることで、抑揚のリズムや単語のつなげ方も徐々に身についていきます。

うまく発音できるということは、その自分の口で発する音を同時に沢山リスニング出来るということにもつながります。聞き取れないものを発音できないのと同じで、発音できないものは、実は正しく聞き取れていません。

“Light”(光)と“Right”(右)の違いを耳で聞き分けられますか?

カタカナで表現した場合は、どちらも“ライト”ですが、英語の発音には日本語にはないものもたくさんあります。これは中学英語の【発音記号】についての学習でも学ぶところなので省略しますが、事前にこのようなことも意識して発音を身に着けていってください。

シャドーイング

シャドーイングとは、英文を聞きながら、少しだけタイミングを遅らせて真似するという練習方法です。聞こえてくるネイティブの言葉と、全く同じように発音していくのです。

(音声)  I want to become able to speak English fluently.
(自分の声)  I want to become able to speak English fluently.

このような形で声にだしていきます。

この方法は、英会話のスキルアップ方法として有名なため、さまざまな英会話教材などに取り入れられている事が多いです。

教材を使うのであれば特にここで説明する必要もないですが、あまりお金をかけずにやってみる方法もあります。それは、NHKのラジオ英会話です。1週間分の番組がまとめて聞くことができて便利です。しかも、初心者向けに作られているので、初めてやる場合にはもってこいですね。でも無料なのは音声だけなので、きちんと文の内容が、自分の認識できたものと一致しているかを答え合わせするにはテキストを別途購入する必要があります。

思いついたことを全部英語で言ってみる

身の回りの目につく物、出来事を英語で言えますか?

家の中なら、床、階段、窓、じゅうたん…

電車なら、吊革、時刻表、子供、優先席…

スマホや辞書が1つあれば、毎日は英語でいっぱいです。例えばスマートフォンで「吊革 英訳」と検索すればすぐに(a strap)と答えが出てきますよ。

また、今日あった出来事や独り言でもいいです。それを英語で言ってみてください。
家族に少しでも英語が出来る人がいるなら、たまには聞いてもらって、伝わるか試してみるのもいいですね。

日常会話で出てくる単語は、身の回りにあるものや出来事についての話題がほとんどです。この方法は簡単ですが、初心者向けの英会話学習にはぴったりの理にかなった方法なんです。

英会話でのリフレージングスキルを磨く

リフレージングとは、同じ意味の文章を、別の言い方へ言い換える技術です。
例えば「頭が痛い」と言いたい時に「headache(頭痛)」という単語が思いつかなかったとします。その際、別の英語で「頭が痛い」ことを言い表すとしたら?

「頭が痛い」
 I have a headache. 
  ↓
 I'm having a pain in my head.

もちろん、これだけが正解ではありませんし、最初はもっと片言な文章でもOKです。どんなに不格好でも、頭痛とわかるように伝えることが重要なのです。(そんな時はジェスチャーも)

ひらめいた女性

このように、英会話が出来る人は単語が思いつかないときでも、自分の知っている単語の中で、別の表現を使って相手に伝えるということができます。難しい単語をたくさん覚えて使うより、このような方法を取ったほうが、英会話を効率的に上達させられますね。コツは、「headache(頭痛)」という単語を相手から引き出すために「頭が痛い」事象を、できるだけ細かく説明することです。

日本語でもよく単語が出てこないときってありますよね。そんなとき周りの人に、「あれだよあれ、赤くて丸くてさ、美味しいくだもの!」「りんごね?」みたいなやり取りをしたことがあるかと思います。(りんごが出てこない人は居ないと思いますが。)

それを意識してやってみましょう。「headache(頭痛)」が出てこないからといって、言葉に詰まってしまうのが一番もったいないです。
感覚的にこの方法を取れるようになるためには、単語を覚えるときにでも良いので、たくさんこのリフレージングをやってみてください。
あとは完璧主義をやめて、たくさんトライしてみてください。リフレージングができるだけで、少ない語彙でも表現の幅はぐんと広がりますよ。

公開日:
最終更新日:2017/07/20